ペット葬儀には合同・立ち合い・個別などの種類があります

ペット葬儀には合同・立ち合い・個別などの種類があります

近年注目が集まっているのがペット葬儀です。
ペットを飼う人が増え、さらに家族と同じように扱うようになってから急激に注目が集まるようになり、亡くなった際には実際に執り行うことが多くなっています。
このペット葬儀には合同や立ち合い、個別など多数の種類があります。
合同とは他のペットと同時に火葬をする形式であり、個別にお骨を取り出すことはできません。
ですが費用面では他の2つに比べると一番安価であり、費用をかけることはできないものの供養を行いたい場合に向いています。
立ち合いは人間の葬儀と同じであり、出棺や火葬、お骨上げと納骨まですべて行うことができます。
僧侶を呼んでお経をあげてもらうことも可能であり、希望にそって葬儀を行うことも可能です。
一番ペットに寄り添える葬儀であり、しっかり最後までペットと過ごすことができます。
個別は葬儀の時間が取れない、仕事を休めない場合に行うペット葬儀であり、火葬とお骨上げ時は飼い主が同席することはできませんが、お骨を後日迎えに行くことができ、自宅に連れて帰ることができます。

ペット葬儀の合同火葬のメリットとデメリット

ペット葬儀には個別火葬と合同火葬があります。
合同火葬の場合他のペットとともに一緒に火葬を行うため、遺骨が混同してしまい、それぞれ取り出すことが難しいためそのまま合同墓地などに埋葬されるのが特徴です。
ペット葬儀を行う場合費用と方法が気になりますが、合同で火葬をする場合は費用を安く抑えることができます。
さらにペットが亡くなり業者に連絡をすると火葬をする日に業者がお迎えに来て行い、埋葬後にすべてを終えたことが報告されます。
一番のメリットは費用を抑えられることであり、仕事などで時間を割くことが難しい場合にも適しています。
デメリットは複数のペットと火葬されるので、個別でお骨を取り出すことができないことがあげられます。
遺骨を返してほしいと願っても大変難しく、慎重に決めなくてはなりません。
また合同で埋葬することになるので違和感を覚えることもあります。
後悔をしないためにも事前に家族間で話し合うことが大切です。

ペット葬儀に関する情報サイト
ペット葬儀で知っておきたいこと

このサイトではペット葬儀に役立つ知識を紹介しています。
ペットはもはや家族の一員なので、亡くなった時は深い悲しみに包まれてしまうかもしれません。
少しでも気持ちの整理をつけるためにも、ペットの葬儀を執り行う人が増えています。
どのような仕組みのものがあるのかやオプションサービスなど、知っていると役に立つペットの葬儀に関する情報を記載しているでしょう。
大切なペットいる人は一度目を通しておくのがおすすめです。

Search